うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】ポータブル投光器|充電式で電池式

投稿日:

ポータブル投光器の感想です。

購入理由

投光器の比較

前に買った投光器が充電できなくなったので、新しいのを買いました。

雪国だと、暗い時間帯に雪よせすることもあるので、屋外照明の類は持っていたいところ。
ライトは除雪機にもついていますが、機械を入れられない場所もあるので、作業用の照明はあると便利。

光比べ

上の写真で、明かりが小さい方が前に買った投光器で、大きい方が新しく買ったもの。

充電できなくなったとはいえ、前に買った投光器も ACアダプターをコンセントに差せば点灯します。

W804の箱の中身と点灯パターン

投光器の箱 W804

上の写真は、新しく買った投光器の箱。
見ての通り、日本語の表記は一切ありませんし、説明書も入っていません。
それでも、見ればわかる仕様。

新品の割に箱が潰れていますが、海外では商品の箱がキレイかどうかは あまり気にしないと、前の職場で聞いたことがあります。

投光器のパーツ

中に入っているのは、本体、H型スタンド、ACアダプター、シガーソケット、充電池。

本体にスタンドを取り付け、電池を入れれば準備完了。ボタンを押せば点灯します。
電池は充電済みだったので、すぐに使えました。

投光器の光

緑のボタンを1回押すと白い光、もう1回押すと白い光が強くなり、また押すと赤や青の光が交互に点灯。
さらに押すと、消灯。

このパターンは前の投光器も同じでした。

投光器の側面と背面

写真、右上にある丸い膨らみが緑のボタン。
その近くでキャップを被っているのが、ACアダプターを差し込む場所。

背面から充電池を入れ、フタをして締めるのですが、このフタがズレやすいのが難点。
なので、雪が積もったり、水が入ったりしないように、工夫した方がいいかも。
箱に「IP65」とありますが……。

IP規格は、「IP6X」で「粉塵が内部に侵入しない」で、「IPX5」で「防噴流形」となります。防噴流形は、噴流水(12.5L/min)に対する保護を規定するもの。

⇒「保護等級(防塵・防水)について | 三和システムサービス株式会社

袋をかぶせた投光器

写真は、ビニール袋を被せた状態での点灯。
水が入らないように透明な袋をしても、それほど光には影響しない模様。

感想

暗がりの投光器

「普通に光りますね」くらいの感想になります。

「普通に」と書きましたが、ライトの周りにエンボス加工のリフレクターがあるため、それがない前の投光器より光が反射して眩しいです。

充電に問題があっても、電池が交換できるメリットはありますが、その分だけ水が入る危険性もありますね。
使われている18650充電式リチウムイオン電池は、よく見る単三電池より大きくて電圧も違うので、その辺の注意も必要そうです。

なお、電池は1本でも点灯しますが、3本に比べて点灯時間が短くなるそうです。

投光器の充電

不満点は、満充電がわからないこと。
前に買ったのもそうですが、満充電になったらランプの色が変わってほしいところ……。
まぁ、リーズナブルな価格なので、コストパフォーマンスは良いです。

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2022 All Rights Reserved.