うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】キョーリツコーポレーションのカラオケマイク CM-KA100BT

投稿日:

キョーリツコーポレーション「カラオケマイク」の感想です。
型番は、CM-KA100BT。

購入理由

カラオケマイクの箱

どんな商品なのか興味を持ったので、買ってみました。

とはいえ、歌うのが嫌いなので、カラオケ自体に興味はありません。
気になったのは、カラオケマイクが どんな機能を備えたのかということ。

なので、用途としては、耳が遠い身内と話す際に、声を張り上げずに済むよう、拡声器代わりに使うくらい。
補聴器を付けてもらえれば、それで済むのですが、本人に付ける意思がないなら、まわりが変わるしかないという……。

セット内容

カラオケマイクのケース

箱に入っているのは、マイク本体、持ち運び用ケース、ポップフィルター、充電用USBケーブル、取扱説明書。

ポップフィルターは、マイクに被せるものです。
上の写真では、メッシュ状のポケットに、潰れた状態で挟まっています。

白いケーブルが、充電用USBケーブルです。
長さは46.5cmほど。

マイクの特徴

カラオケマイクのLEDライト

マイクは、横からだと音を拾いません。
音が入るのは真上のみ。
マイクの先端を口に向けないと響かないので、パッケージに写っている女性のような持ち方をし、歌うことになるでしょう。

説明書に記載されているマイクの重量は、約240g。
キッチンスケールで測ったら、237.8gでした。

うちで使っているテレビのリモコンの2倍くらいですね。

maxzen テレビ
【感想】「maxzen(マクスゼン)」のテレビ|J24SK03

必要機能に絞った低価ジェネリック家電ブランド「maxzen(マクスゼン)」のテレビの感想です。 型番は、J24SK03。 型番にある24は、おそらくインチ数の24。 15,000円もあれば、お釣りがく ...

続きを見る

マイクの電源は、持ち手の中ほどにある「オン/オフ」のスイッチで切り替わります。
ただし、マイク自体のボリューム調整が可能なので、そこが「-」に振り切っていると、音を拾いません。エコーも同様です。

他に、一時停止、LEDライトのオン/オフ、ボーカルカットなどの機能があります。
ボタンは、短く押した場合と長く押した場合で機能が変わるので、短く押す機能のときは すぐに指を離さないとダメ。
特に、ボーカルカットは、少しでも長くなると無反応です。
既存の曲の音声をカットできますが、完全ではないので、うっすらと音声が流れ続ける感じになります。

音量の上げ下げと、曲の早戻し・先送りが同じボタンなので、こちらも操作しづらい……。

充電

カラオケマイクのUSB充電

充電時間は2~2.5時間で、3~4時間の使用が可能。

充電が終わると、「DC 5V」と書かれた箇所の近くにある赤いランプが消灯します。

曲のデータ

SDカード挿入口

楽曲の読み込み方法は、SDカード、USBフラッシュメモリ、Bluetooth接続があります。

microSDカードの挿入口は、上の写真の通り。
カードを入れた状態でマイクをオンにすると、すぐに楽曲が再生されます。
どの曲が鳴るのかは不明。

USB挿入口

USBフラッシュメモリだと、ファイル名(昇順)で再生する順番が決まるようで、01、02、03という具合になりました。
SDカードにも同じファイルを入れたのですが、こちらはファイル名的には06からの再生に……。

マイクをBluetooth接続

Bluetoothの場合は、スマホなどで楽曲を再生し、それをマイクに転送することになります。

写真は、X20Lという機種のペアリング設定画面です。
「customtry(カスタムトライ)」というキョーリツコーポレーションのマイク名が出ています。

最後に

SDカードなどで曲データを再生する場合、大きな音量で始まってしまうのが、個人的には使い難い点ですね。

音が鳴った後に音量を下げようとすると、ボタンの押し時間の関係で曲の早戻しになり、音量は変わらないなんてことも……。

その辺の使い勝手の悪さがあるので、カラオケ好きの人にも勧めづらいところがありますね。
このくらいの音量なら まったく気にしないという人なら、それで いいのでしょうが……。

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2021 All Rights Reserved.