うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】Fire TV Stick 4K(Alexa対応音声認識リモコン付属)と旧型の比較

投稿日:

「Fire TV Stick 4K」の感想と、旧型の「Fire TV Stick」との比較です。

購入したのは、「Fire TV Stick 4K -Alexa対応音声認識リモコン付属」で、比較しているのは「2015年発売モデル」になります。

「Fire TV Stick」の比較

Fire TV Stick 4K Alexa対応音声認識リモコン付属と旧型Fire TV Stick

今さら、2015年発売モデルと比較しても……。
そう言われても仕方ない比較ですが、同じ接続環境で表示時間を計測しました。

測ったのは、ホーム画面の表示時間です。

  • 旧型:50秒
  • 新型:1秒

測定は、同じ時間帯に続けて実施しました。
そもそも、旧型の動作が重くなり、サクサク動かなくなっていたので買ったのですが、実際に測ると酷いものですね。

旧型は、ホーム画面の上部に文字が表示され、そのあとに作品やアプリの画像が表示されていきます。
最初の画像が出たのは、文字が表示されてから17秒後。
一番上の大きな画像以外が出揃ったのが27秒後。
そして、広告枠である大きな画像が出たのが50秒後でした。

対して、「Fire TV Stick 4K -Alexa対応音声認識リモコン付属」は、1秒で全部 出ました。
付けてすぐです。

リモコンの比較

Fire TV Stick 4Kの表面比較

リモコン自体を比較すると、単純に長くなっています。

ボタン数が増え、「音量のアップ・ダウン」「ミュート」「音声認識」「電源ボタン」が増えました。
この電源ボタンを押すと、テレビのスイッチが消えたり、付いたりします。
HDMIで繋がっている機器の電源をオン/オフするものなんでしょう。
入力切換は行われないので、他のHDMI端子の表示になっているときは、Fire TV に切り換えて視聴することになります。

音声認識は、旧型でも付いているタイプもありましたが、その当時のタイプは音声検索の対象が、プライム作品だけだった気がします。
新型のリモコンでは違うようで、「ヒカキン」と言えば、「HikakinTV」をYouTubeアプリで再生するというアナウンスが流れました。
「YouTubeで再生します」と、アプリの起動を促されることもあります。
もちろん、「Fire TV Stick 4K」にYouTubeアプリを入れていればの話。

音声で操作する場合は、音声認識ボタンを押したまま、マイクに向かって発声し、話し終わったらボタンを離します。
マイクは、音声認識ボタンの上にある穴です。

一時期、AmazonでのGoogle Chromecastの販売中止を受け、GoogleがYouTubeの視聴制限をFire TVなどで行っていましたが、それも過去のこと。
今は、普通に見られます。少なくとも、これを書いている時点では。

Fire TV Stick 4Kの背面比較

リモコンの形状で大きく変わったのは、背面です。
旧型は平らでしたが、丸みを帯びた形状に変わりました。

持ちやすくなったと言えますが、転がりやすくもなったとも言えます。

ボタン部分がゴム製になったので、前のプラスチック製に慣れた人は、少し違和感を覚えるかも……。

Stickの違い

Fire TV Stick 4Kの本体比較

スペック的な違いは、Amazonの商品ページにあるので省きます。

上の写真は、テレビに差し込むStick部分、電源ケーブル、電源アダプタです。
前より、差し込む部分が長くなりました。
HDMI拡張ケーブルは、新型にも付いています。

Fire TV Stick 4K Alexa対応音声認識リモコン付属のセット一式

拡張ケーブルは、上の写真で電池の右にあるもの。
この拡張ケーブルは、Stickを直接 テレビに差し込めない場合や、接続状況を改善したい場合に使うものです。
拡張ケーブルを繋げてテレビに差し込むと、だらしない感じでぶら下がります。

触れなくてもいいことですが、電源アダプタの形状も変わりました。
Fireタブレットの電源と同じものになったので、使いまわせるかも……。

注意

今回、古い「Fire TV Stick」を、Amazonのメニュー「コンテンツと端末の管理」で「登録の解除」をしたところ、何も映らないデバイスになりました。
おそらくは、削除前に「初期化」すべきだったのでしょう。

セール価格

Fire TV Stick 4K Alexa対応音声認識リモコン付属の箱

通常、6,980円ですが、セール価格で目にし易いのは、5,480円ではないでしょうか。

下記リンク先で価格の変動を見ると、度々この金額になっています。

→「Fire TV Stick 4K|モノレート

最安値は、Cyber Monday があった2019年12月の4,480円。
Cyber Monday以外で、このレベルのセール価格を期待するとしたら、Prime Dayですかね。

設定と使い方

Fire TV Stick 4K 設定の流れ

設定方法は、難しくありません。
リモコンに電池を入れ、それ以外の同梱品をケーブルで繋げ、テレビとコンセントに差し込むだけ。
あとは、指示に従って設定していけばOK。

上の画像は、リモコンの検出から、言語選択、Wi-Fiの設定、ソフトウェアの更新、アカウントの流れを繋げたものです。
Wi-Fiの設定が何か不明という方は、下記リンク先をご覧ください。

NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータのアイコン
【感想】無線LANルータ「NEC Aterm WG2600HP3」

NECの「Aterm WG2600HP3」を親機として使った感想です。 この手の機器に詳しい方ではないですが、自分よりも詳しくない人向けに、「無線LANルータとは何か」から説明しています。 なので、詳 ...

続きを見る

Fire TV Stick 4K セットアップ完了

アカウントを登録、または選択し、「続行」を押します。
リモコンで音量のアップ・ダウンを行えば、リモコンのセットアップは完了。

主な使い方は、ホームボタンで画面を表示し、観たい作品や使用したいアプリを選択するといった感じ。
早戻し、再生/一時停止、早送りといったボタンは、説明書を見るまでもないでしょう。
円状のナビゲーションと、その中央にある選択ボタンという仕様は変わらないので、使い方で戸惑うことはないはず。

最後に

Amazonのプライム会員費は、これを書いている時点で年間4,900円。
月額プランでは、月500円。

これでAmazonでの買い物の際に、Prime対象商品の送料が無料になり、Prime Videoの対象作品が無料で視聴可能になります。

kindle本のサービスもあるので、何か作品を見たり読んだりして、感想を書くようなアフィリエイトをする人には、オススメなサービスです。

サービスの詳細は、公式サイトのヘルプにて。

→「Amazonプライムについて」を公式サイトのヘルプで確認

-購入レビュー
-,

Copyright© うつアフィ , 2020 All Rights Reserved.