うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】オーディオテクニカのヘッドホン|ATH-M20Xを3年以上使用した結果

投稿日:

オーディオテクニカの密閉型ヘッドホン「ATH-M20X」の感想です。
購入から3年以上が経ち、劣化している箇所が見られます。

ATH-M20Xの主な用途と購入理由

オーディオテクニカ ATH-M20X 密閉型ヘッドホンの箱

ヘッドホンは、テレビに差して使っています。
音量を高くしても、隣の部屋などへの音漏れを気にしなくて済むのが、個人的には大きいですね。

他人が視聴しているテレビの音が嫌なので、自分は出さないようにしている。そんなところです。
それに、密閉型は余計な音を遮断してくれるので、映像作品に没頭したい人にはオススメ。

「ATH-M20X」を選んだ理由は、その形と価格の手ごろさでしょうか。

このヘッドホンの前に、同じオーディオテクニカの「ATH-S100」を使っていましたが、耳が痛くなるので1年ほどで使用をやめました。
痛くなる原因は、単純に大きさでしょうね。

耳をすっぽりと覆うのではなく、耳の穴の周りだけ塞ぐ感じと言えばいいでしょうか。
カチューシャの先にクッションがあり、そこで耳の穴を抑えるイメージです。

ずっと耳が押さえつけられるので、長いこと使うと痛くもなります。
あと、コードが短いので、物理的にテレビから距離が取れません。

ヘッドホン延長ケーブルを繋げ、距離を伸ばしていましたが、それでも耳の痛さには慣れず、買い換えることに。

その点、ATH-M20Xのコードは3.0mあるので、延長ケーブルを使わなくても、テレビから離れて視聴できます。
密閉型なので耳をスッポリ覆え、押さえつけられる感じはありません。
ただ、ヘッドバンド部分が髪に当たると、そこだけペタッと潰れます。

ATH-M20Xの付属品

オーディオテクニカ ATH-M20X 密閉型ヘッドホンの付属プラグ

写真は、ATH-M20Xの付属品です。
ATH-M30X、ATH-M40X、ATH-M50Xと、型番の数字が大きくなるほど、付属物は増えていきます。
逆に、一番 数字が小さいATH-M20Xには、6.3mmステレオ変換アダプターしか付いていません。
また、「折りたたみ機構」と呼ばれる要素もないです。こちらは、収納や持ち運び用に折りたたんで小さくできる機能なので、自宅用では不要と判断しました。

ATH-M30X以降では、折りたたみ機構と、回転してはめ込むタイプの変換プラグが標準仕様となっています。
それに、後半の型番では、より多くのコードが付くようになります。

機能面

オーディオテクニカ ATH-M20X 密閉型ヘッドホンのスライダー

スライダーが付いているので、長さを調整することが可能です。
ずっと、伸ばしたままにしていたので、この文章を書くまでスライダーのことを忘れていました。

個人的には、もう少し伸ばせたら、髪が潰れなくて済むのですが……。

アームで固定されているイヤパッドは、くるっと反転させることが可能です。
「反転モニター」と呼ばれる機能らしいですが、これは片耳モニタリング用らしいです。
片耳でだけ音を聞き、もう片方の耳で周囲の音を聞く感じでしょうか。
DJの人だと、また違う用途になるのかも……。

余談ですが、他の方のレビューを見ていると、「デスクトップミュージック(DTM)」関連で使われている人が目立ちました。

3年以上、使ってみて

箱の中のヘッドホン

今も使っていますが、特に不満はありません。
ヘッドホンをせずに聞いていたら、左右で音響効果を分けているのに気づかなかった作品が、幾つかあったかもしれません。

耳元でささやく、左から右に音が流れていく、声のする方向が違う……。
そういった音の際、違いが出てくる気がします。

もちろん、高品質なステレオ設備を整えたら、別の世界が広がるでしょうけど。
まぁ、そこまでになると、音の違いに気づける自信がありません。

写真は、ヘッドホンが入っていた箱に入れたものです。
せっかく、箱を捨てずに取っておいたので、写してみました。

劣化した箇所

4年間使用したオーディオテクニカ ATH-M20X 密閉型ヘッドホン

気づいたら、イヤパッドにひびが入っていました。
いつからなのかは不明ですが、片側だけ劣化が激しいです。

よく耳から外し、外の音を聞いている側だからかもしれません。

イヤパッドに付いた水や汚れは、乾いた布で拭き、陰干しするよう書かれています。

価格について

確か、5,680円で購入したはず。

購入したショップで現在、ATH-M30Xは8,030円、ATH-M40Xは11,880円、ATH-M50Xは19,580円、そしてATH-M70Xは32,890円となっていました。

ここでいう現在は、この文章を書いている時点のこと。
当時は消費税率が違ったので、現在のATH-M20X 5,830円は高く感じますね。

ショップによる価格の差、送料の比較などは、下記リンク先で。

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2020 All Rights Reserved.