うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】手軽に自宅カラオケ|Fire TV Stick & Google のリモコンで

投稿日:

「Fire TV Stick」と「Google Chromecast with Google TV」で、カラオケを試してみた話です。

私は歌うのが好きじゃないので、家族のために「歌う環境を用意した」くらいの内容となっています。

カラオケDAM

カラオケDAMの画面

Fire TV Stick のホーム画面のアピール枠で、よく出るようになった「カラオケDAM」をインストールしてみました。

チケット購入という課金モデルのようです。
これを書いている時点での価格は、1ヶ月間利用チケットが税込880円。
ただ、7日間は無料で歌い放題。

サンプル曲が無料なので、それを試してみて「アリ」だと思ったら、利用する感じでしょうか。

詳細は、公式サイトにて。

⇒「Fire TVとFire タブレットでカラオケ歌い放題|カラオケ@DAM for Amazon

DAMの特徴

カラオケDAMの曲

キー設定や、背景画像の画質が変更できます。

あと、Fireタブレットと連携すれば、タブレットで選曲が可能なので、カラオケ店の雰囲気が出るかも……。

カラオケ背景映像

カラオケ画面は、見慣れたもの。
歌詞の色が変わっていくアレ。

利用した機器

Fire TV Stick には世代があり、Fire TV Stick の 第3世代/第2世代が対象。
使用したのは、下記のモデルです。

【感想】Fire TV Stick 第3世代|Alexa対応音声認識リモコン

Fire TV Stick 第3世代 の感想です。 基本的には、前に書いた「Fire TV Stick 4K」と同じ。 購入理由 身内へのプレゼント用です。 前に購入した「Google Chromec ...

続きを見る

マイクは、キョーリツコーポレーションのカラオケマイク。

マイクのアイコン
【感想】キョーリツコーポレーションのカラオケマイク CM-KA100BT

キョーリツコーポレーション「カラオケマイク」の感想です。 型番は、CM-KA100BT。 購入理由 どんな商品なのか興味を持ったので、買ってみました。 とはいえ、歌うのが嫌いなので、カラオケ自体に興味 ...

続きを見る

両方合わせても、1万円でおつりが来ます。

ペアリング

fire tv stick の bluetooth 設定

マイクとFire TV Stickは、Bluetoothで繋げます。
Fire TV の「設定」から、「コントローラーとBluetoothデバイス」を選択。キョーリツコーポレーションのカラオケマイクを意味する「customtry(カスタムトライ)」を選ぶだけ。

カラオケYOKEE

カラオケYOKEE

Google Chromecast with Google TV のアプリは、Google ストア にあるアプリになるのですが、海外で開発されたアプリが目立つような……。
まだ、これからということでしょうか。

⇒「Chromecast 対応アプリ - Google ストア

とはいえ、アプリ検索で「カラオケ」と入れると、出てくる数自体はAmazonデバイスより多かったです。
その中から、カラオケYOKEEを選びました。

⇒「YOKEE

たぶん、歌いたい曲は無いはず……。

利用した機器

こちらは世代が無いと言いますか、発売が2020年11月と日が浅いので、対応・非対応を気にするほど時間は経っていませんね。

【感想】Google Chromecast with Google TV |リモコン付きクロームキャスト

「Chromecast with Google TV」の感想です。 いわゆるリモコン付きクロームキャスト。 購入理由 「Fire TV Stick」と比較するために買っています。 2020年11月25 ...

続きを見る

使ったマイクはFire TV Stickと同じ。

ペアリング

Chromecast with Google TV の ペアリング設定

マイクと Chromecast は、Bluetoothで繋げます。
Chromecast の「設定」から、「リモコンとアクセサリ」を選択。

customtry

キョーリツコーポレーションのカラオケマイクを意味する「customtry(カスタムトライ)」を選ぶのは同じ。

感想

光るマイク

カラオケ用のレーザーディスクを使っていた頃に比べると、便利になったなと感じました。
ディスクの入れ替えもないですし、新曲もアップロードされれば歌えますし……。

一方で、気をつけなくてはいけないのが、サブスクリプション・モデルだということ。
月額制で契約が自動更新となれば、使わないのに毎月取られているパターンに陥りがち。月880円と言っても、年間では1万円を超えてきますので、安くはありません。

それでも、カラオケ屋に行くよりは安い……。
企業側は、継続的に売上を得られるので、経営面で見通しが立てやすい……。
互いにメリットはありますが、「騒音」という最大級のデメリットは見逃せません。

同じことを思う人が多いのか、自宅カラオケについて調べると、防音室という単語が頻繁に出てきます。
同時に、電話ボックスのような小部屋から、吸音パーテーション、吸音材ポリウレタンマットまで、幅広い音消しアイテムが紹介されていました。

それらを揃えるのは、決して安くはありません。
あれもこれもと買うと、カラオケ屋に行った方が安いということに。

まぁ、私が住んでいるような田舎であれば、隣の家との距離もありますし、騒音の被害を被るのは「家族だけ」となる可能性もありますが。

余談ですが、YouTubeにはピアノ演奏が少なくありません。あれを聴きながら歌えば、実質無料になる気も……。
歌詞は、検索すれば出てきますし。

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2022 All Rights Reserved.