うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

うつ病の話

生きる意味|うつ病患者によるシンプルな答え

投稿日:

「生きていれば、また何かに感動することもある」という話です。

人間は、意味づけマニア

意味を考えたところで、そのものが持つ本質は何ら変化しないのに、やたらと解釈を気にしてしまう……。

同じものを様々な角度から眺め、「ああだ」「こうだ」と評論し、時には詩的な表現をする。
その結果、名言や格言と呼ばれる言葉が残り、それを受けて別の表現が生まれていく……。

考えること自体は大切かもしれませんが、それが目的になってはいけないし、納得がいく答えが無いと先に進めないのは、ちょっと違うでしょう。

わからないことは、やってみて初めてわかるもの。
見たことがないものを何百回と想像するより、実際に目にする方が理解は早い。

その理屈で言うなら、生きてみた結果でしか、意味は知り得ない。
それぞれの「生きる意味」は、人生のラストで知るものであって、その途中で気づけるものじゃない。
「生きた意味」は、最終的な自己評価。

死ぬまで、何が起こるのか わからないのだから……。

ただ、もしも「生きるメリット」を知りたいというニュアンスで、「生きる意味」を探しているのなら、「生きていれば、また何かに感動することもある」という回答になります。
あくまで、私個人の答えとしては。

生きるメリット

何を幸福と思うのか、それは人それぞれ。

であれば、他人が説く「生きるメリット」に頷けるか否かは、その人との相性で決まりそうなもの。

誰かの「幸せとは、こういうもの」は、個人の感想に過ぎません。
子孫を残すことが幸せという人もいれば、社会的な名誉が幸せという人もいるでしょう。
逆に、そういったことに幸福を感じない人もいる。

極端な例を出せば、親を亡くして悲しむ人の横で、介護の心配が消えたと喜ぶ人が居る……。
何をリスクと思い、何を幸運に思うのかは、状況や個人差が大きいでしょう。

であれば、万人受けする回答は極めて困難。

なので、私は「生きていれば、また何かに感動することもある」くらいしか言えないのです。

「きっと、いいことがある」という慰めはよく聞きますが、その根拠となるものは ありません。
明日、どうなるかは、誰にもわからないもの。

だから、「かもしれない」というニュアンスを込めて、先の言葉を私の答えとしました。

何に幸せを感じ、メリットを見出すのかは人それぞれですが、その際には「感動」という感情が伴うもの。
それゆえの「感動することもある」なのです。

まぁ、あれこれ考えて浮かんだ言葉ではなく、ある日 ふっと思いついた言葉ですが……。

うつ状態になると、考えすぎ傾向に

個人的な経験から言えば、「生きる意味」のような言葉で検索するのは、現状に迷いや不安があるとき……。

精神的に落ち込み、考える時間だけがあると、ネガティブなワードで検索しがち。

似たような体験は、下記のページで書いています。
うつ状態になったときの体験談です。

寝たきり
うつ病で寝たきりに

「30代無職」で検索する日々   転院先で処方された薬を飲んだことで、体のこわばりが徐々に収まっていきました。 とはいえ、あの体験は私を不安で縛るには充分過ぎました。 ある日 突然、自分の体 ...

続きを見る

あの頃は、自らの不安を煽るような文章を追い求め、気持ちを悪化させていく日々でした。

面倒事を気にすると「生きていても、いいことなんか……」と暗くなりますが、未確定の将来の問題ばかり考えても仕方ありません。
自分じゃどうしようもないことを悩んでも、解決できない事実が変わらないのと同じ。
考えても解決しないことは、思考しても終わりが無い。ある意味、時間の無駄。

最善を尽くしても、良い結果にならないことはある……。
そう割り切って、他のよりよくできそうなものに目を向けていくのです。

何もする気になれないなら、それでもいいでしょう。

何かしても一生、何もしなくても一生。

どの一生に満足するかは、人によるので……。

-うつ病の話
-

Copyright© うつアフィ , 2021 All Rights Reserved.