うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

うつ病の話

ウェブサーナの評判|障害者の就職・転職を支援する求人サイト

更新日:

前回、障害者のための転職・就職支援サービス「dodaチャレンジ」を調べた流れで、他のサービスも調べてみました。

「ウェブサーナ」とは

「ウェブサーナ」は、株式会社イフが運営する障害者の就職・転職を支援する求人サイトです。
1988年設立の東京都品川区にある会社で、情報出版業としてスタートしています。
障害者向けの就職情報誌「サ~ナ」を創刊したのは1992年、就職・転職情報サイト「Web Sana(ウェブ・サーナ)」の開設は1998年と、前世紀から障害者関連の事業を行っています。

アットジーピーの運営会社の沿革に「業界初の障害者転職サイト」とありましたが、ウェブサーナの沿革を見る限りでは、こちらの方が古いです。ただ、どの業界視点か書いてないので、見方にもよるのかもしれません。
エージェント系としても、「AgentSana(エージェント・サーナ)事業」がスタートしたのは2005年なので、アットジーピーがオープンした2006年より1年早いです。
なお、エージェント・サーナの当時の名称は、「JobSana(ジョブ・サーナ)」でした。

運営会社で比較した場合の違いとしては、就労移行支援の施設を運営しているか否かでしょうか。

手紙と女性
就労移行支援のまとめ|事業所による違い

幾つか、就労移行支援事業所を調べたので、それをまとめたページになります。 今後、新たに調べた事業所を追加したり、加筆・修正する可能性があります。 就労移行支援とは 端的に言えば、就労移行支援は一般就労 ...

続きを見る

あとは、「障害者のためのサ~ナ就職フェスタ(旧名:就職フォーラム)」を開催している点など。

求人情報の数は、条件を「東京都」だけに設定したところ、ウェブサーナは154件、アットジーピーが548件、dodaチャレンジが432件でした。
これは2019年6月初旬に検索した際の数値になります。
なお、エージェント・サーナの非公開求人は、85%が独自のものだとか。

ウェブサーナの利用対象者は、新卒・中途(転職)と、他の転職・就職サイトのように新卒と中途で分かれていません。
サイトの特徴としては、雇用実績や障害内容で企業を絞り込んで検索できること。障害への配慮項目がある点でしょうか。

情報誌の発行部数

就職情報誌サ~ナ……60,000部、全国9,000ヵ所への配本
Sana NEWS……45,000部、全国の会員に配付
採用企業年鑑……30,000部、全国の新卒会員に配付
参照元:Web Sana | 企業人事担当のみなさまへ

エージェント・サーナ

エージェント・サーナは、キャリア・アドバイザーがつくタイプです。
他の転職サイトでもキャリア・アドバイザーがつくサービスがあり、その際に「エージェント」の文字が入ることが多いので、先にエージェント系と表記しました。

キャリア・アドバイザーは、転職の相談や企業の紹介、応募書類の添削や面接調整、入社後のフォローなどもします。
とはいえ、希望条件や地域によっては、紹介できる企業が無いこともであるでしょう。

他社のサービス同様、利用にあたっては、障害者手帳を持っていることが条件になる模様。

Q.選考に必要な書類とはどのようなものでしょうか?
「履歴書」「職務経歴書」「障害者手帳」が必要になります。
引用元:よくある質問 | 【エージェント・サーナ】障害者のための転職エージェント

ウェブサーナの評判

評判を知りたくて「ウェブサーナ 評判」で検索しても、比較記事を書いているサイトが目立つ結果になるかもしれません。
検索アルゴリズムは変わっていくものですし、Googleにログインしていればパーソナライズされるので、「検索結果は、こうなる」と断言できませんが、そのような傾向にあると思っています。

別に比較記事でも構わない人は、それでいいでしょう。
ただ、比較記事にある口コミは、どこかで見つけた文章をリライトした感じになっています。
そういった加工された「評判」や「口コミ」ではなく、未加工の一次情報を得たい人は、Q&A系のサイトの方が探しやすいかも。

例えば、「Yahoo!知恵袋」で「ウェブサーナ」に関する質問を探すと、他の利用者に体験情報を求めているのがあったりします。
ただ、多いケースとしては、障害者向け転職サイトを探している人に、「こういうのが、ありますよ」というパターンですかね。

場合によっては、Q&A系サイトに行って探すより、「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」を利用した方が簡単かもしれません。

誰が書いたのか わからない情報でいいなら、「障害者枠での就職 スレ」などで検索すると、匿名掲示板が見つかります。
「ウェブサーナ 掲示板」で調べようとすると、日本サーナというソースを製造している会社の掲示板が出てくるかも。

なお、ウェブサーナのサイトでも、「サ~ナ就職フェスタ」の項目で参加者のインタビューが見られたり、「就労経験のある障がい者の方で転職をお考えのみなさまへ」のページで利用者の意見が使われていたりします。

就職
障害者向け就職・転職サイトのまとめ|無料で利用できる理由

幾つか、障害者向け就職・転職サイトを調べたので、それをまとめたページになります。 今後、新たに調べたサイトを追加したり、加筆・修正する可能性があります。 障害者向け就職・転職サイトとは 基本的には、障 ...

続きを見る

-うつ病の話
-,

Copyright© うつアフィ , 2019 All Rights Reserved.