うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】クローブ フード付箸立|HB-503とHB-504の違い、100均との比較

更新日:

クローブ「フード付箸立」の感想です。
「ホワイト HB-503」と「ブラック HB-504」を購入しています。

購入理由

クローブ フード付箸立 HB-503 HB-504

かなり前から使っている箸立を持ったら、底が抜け落ちたので買い換えました。
元々、底は開けられるようにできていて、洗う時には外すのですが、緩くなっていたようです。

箸立自体は100円ショップにも売っていますが、どうせなら箸にホコリがつかないフタ付きが良いと思い、ネットで探して見つけたのがクローブの箸立です。

今まではフタ付きじゃなかったので、食器棚に箸立をしまっていましたが、これなら出したままにできます。

ただ、フタをすると空気がこもってしまうので、乾きにくい箸は より乾きにくくなるでしょう。
実際、表面をコーティングしていない木製の箸は、水を吸った状態で入れると乾かずに匂いを放つように……。

100均の箸入れ

ちなみに、上の写真は100円ショップで買った箸入れです。
洗ったコップを乾かすときに使っているので、箸入れとしての感想は ありません。

100円ショップでは、クローブ製品より大きめのフード付箸立も売っていたので、より安く済ませたい場合や、大きいのが欲しい場合は そちらを。
逆に、置くスペースがない人は、クローブのものを。

100均の箸入れの高さ

追記:2021/9/9

記事を書いた後に100均の縦置きタイプを購入したら、高さは26cmくらいでした。
使っている素材の違いなのか、手触りが安いプラスチック玩具で感じるのに近いかも。

分解した100均の箸入れ

底を回してはめるタイプです。

箱の中身

箱から出したフード付箸立

届いた箱を見て、その小ささに「間違って届いたのでは?」というのが第一印象。
どう見ても箸が入る大きさじゃないと思ったからですが、中を開けてみて納得。
フード部分が箸立の中に入っているので、箱に高さがなかったんですね。

組み立て後

組み立て後のフード付箸立

箸立にフードを付けると、写真の通り。
箸も収まります。

映っている黒い箸は、シリコーン菜箸です。
ちょっと重めの箸ですが、食品を摘まみやすいので、お弁当の盛り付けには良いでしょう。

箸立は「ホワイト HB-503」と「ブラック HB-504」で、ボディの色が違うのはもちろんですが、フード部分もブラックの方が濃くなっています。

組み立て方

箸立の底は、外して洗えるようになっています。
底には前後にボタンがあり、同時に押すことで外れる仕様になっています。

今まで使っていた箸立は、底を回して外すタイプだったので、いつの間にか回っていて、意図せず外れることもありました。
今は、前述の通り引っ掛かる部分が緩くなり、外れやすい状態に……。

その点、新しく買った箸立は、前後のボタンを同時に押さないと外れないので、緩くなりにくいと期待しています。

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2021 All Rights Reserved.