うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】友愛玩具 クラッシュアイスゲーム TY-0185

投稿日:

友愛玩具の「クラッシュアイスゲーム」というオモチャの感想です。

購入理由

友愛玩具 クラッシュアイスゲーム パッケージ

子どもに遊ばせるために買いました。
親が孫の面倒を見る際に、役に立つかと思っての購入です。

商品を知ったキッカケは動画でした。
ゲームとして成立しているオモチャの方が、ミニカーや人形といったオモチャより、飽きが来るのが遅いだろうという予想と、割と安い価格が決め手でした。

「クラッシュアイスゲーム」で検索すると、いろんなメーカーが似たような商品を出していますが、購入したのは輸入販売元が友愛玩具の商品で、価格は774円。
セール時期だったこともあるでしょうが、ちょっとした定食並みの値段なので、手が出しやすかったですね。

遊び方

友愛玩具 クラッシュアイスゲーム TY-0185

遊び方は、パッケージの裏面に記載されています。

簡単に説明すれば、順番に氷のブロックを落としていき、ペンギンを落としてしまった人が負け。

アイスを落とす前

上の写真のように、土台の中央にペンギンを配置。

アイスを落とした後

指定された氷のブロックをハンマーで落としていく……。
この流れの繰り返しです。

クラッシュアイスゲームのルーレット

1回で落とす氷のブロック数は、ルーレットで決めます。
ブロックには白と青があり、ルーレットで落とす色と数を決め、実行していくのが基本パターン。

色に関係なく好きな数だけ落とせる「フリー」や、どちらかの色を1つ落とせる「シングル」もあります。

何もしない出目には、順番を反対まわりにする「リバース」と、一回休みの「スルー」があります。

シンプルなルールですが、小さな子どもにルール説明から入ると、面白さを知る前に覚えることを要求され、嫌になるかもしれないので、まずは好きなように遊ばせてみるのも手です。
氷のブロックをはめ込んでいく作業も楽しいですし、それをコツコツ叩いて落とすのも割と面白いので。

組み立て

クラッシュアイスゲームの中身<袋>

箱の中に入っているのは、写真のもの。

氷のブロックと表記してきましたが、公式には「アイスブロック」という名前で、白と青があります。
こちらはスペアとして2個余分に用意されていました。

次に、氷のブロックをはめ込む土台「フィールド」です。

その上にあるのがハンマー。
画像では尖っていない方で叩いていますが、尖っている方が落としやすいような……。

あとはルーレットと、フィールドの足です。
フィールドの足は、フィールドを裏返して取り付けます。

クラッシュアイスゲーム台の裏

上の写真は、フィールドを裏側から見た状態。
見ての通りの六角形なので、遊びながらハニカム構造の強度を実感するかも。

感想

子どもにとって想定外のときにペンギンが落ちるせいか、落ちることで笑いが起こることもあるようです。
小さな子は、負けると面白くないというか、悔しさから泣いてうるさいことも珍しくないですが、そういうケースは見られない模様。

ただ、YouTubeの動画ほどの魅力は無さそうでした。

下記のデバイスを使って、動画を見る時間の方が多いですね。

【感想】Google Chromecast with Google TV |リモコン付きクロームキャスト

「Chromecast with Google TV」の感想です。 いわゆるリモコン付きクロームキャスト。 購入理由 「Fire TV Stick」と比較するために買っています。 2020年11月25 ...

続きを見る

グーグルクロームキャスト
【感想】Google Chromecast|Googleストアで購入した第3世代

Google Chromecast 第3世代 の感想です。 色は、チャコールになります。 購入理由 Google Chromecast は、スマホをリモコン代わりにし、テレビで動画を見るアイテム……と ...

続きを見る

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2022 All Rights Reserved.