うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

うつ病の話

「Kaien」の評判|発達障害に特化した就労移行支援

投稿日:

いくつか就労移行支援事業所を調べてきた流れで、「Kaien」もチェックしてみました。

Kaienとは

Kaienは直営事業所が、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪にある就労移行支援事業所です。
就労移行支援事業所については、別ページにて。

手紙と女性
就労移行支援のまとめ|事業所による違い

幾つか、就労移行支援事業所を調べたので、それをまとめたページになります。 今後、新たに調べた事業所を追加したり、加筆・修正する可能性があります。 就労移行支援とは 端的に言えば、就労移行支援は一般就労 ...

続きを見る

最大の特徴は、発達障害に特化しているところ。
発達障害の診断が無くても、障害福祉サービス受給者証があれば利用可能ですが、基本的な内容が発達障害サポートとなっている模様。

例えば、発達障害の人が職場で苦戦する「優先順位付け」にフォーカスしている点など。
他には、メモ取りや障害についての学習、パソコンの基礎的なスキル獲得もカリキュラムに含まれます。

利用者の診断名としては、ASDが66%、ADHDが26%、学習障害が2%といった割合。二次障害として、うつ19%、不安障害8%、適応障害7%、双極性障害5%、強迫性障害3%も。
年齢層は20代が70%と大半を占めているので、年齢的な就職のし易さはあるでしょう。

株式会社Kaien

運営している株式会社Kaienは、東京都新宿区に本社がある2009年設立の会社です。

主な事業は、人材紹介・人事コンサルティング、就労移行支援事業、自立訓練(生活訓練)事業、学生向けサークル活動「ガクプロ」、オンライン療育・放課後等デイサービス「TEENS」、相談支援事業、啓発事業など。

就職実績

様々な職業訓練プログラムを展開している会社ですが、利用した発達障害者の8割以上が就職しているとありました。

⇒「事業内容とその背景

「Kaien」の就労移行支援だけで見ると、過去10年の就職者数は1,700人超、1事業所あたり年間就職者15名以上。
うち、1年後の離職率は9%。

他所では、定着率として6ヵ月データを用いることが多いですが、1年後の離職率が1桁なのは低いですね。

給与額は10~20万円の間が大半。
就業先の業種が細かくバラけているのも、他所には見られない特徴ですね。

「Kaien」の評判

Googleで「Kaien池袋」などで検索すると、「Google のクチコミ」が見られます。
事業所によりますが、口コミの件数は1桁。そこのスタッフによって評価が大きく変わる印象。

なお、直営ではないパートナー事業所は、北海道、宮城、福島、茨城、東京、神奈川、新潟、長野、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、鹿児島にありますが、こちらは名称からして「Kaien」ではないので割愛。

パートナー事業所になると、Kaienの発達障害に特化したプログラムや支援ノウハウが提供されるので、カリキュラムの評価だけは「Kaien」のものとして参考になるかも。

-うつ病の話
-

Copyright© うつアフィ , 2022 All Rights Reserved.