うつ病になったら、アフィリエイトで収入を

うつアフィ

購入レビュー

【感想】ホッチキス「フラットかるヒット」|100均との差は、10枚から実感

投稿日:

プラス株式会社のホッチキス「フラットかるヒット」の感想です。

「フラットかるヒット」の感想

ホッチキス フラットかるヒット

「フラットかるヒット」の型番は、ST-010VNH。
色がホワイトなので、注文コードは 30-718。

「ブリスターパック」という針が付属した商品になります。
付属していないタイプだと、定価が30円安くなり、型番の末尾がVNに。

定価は720円ですが、548円で購入しました。

購入理由と針について

5000本入りのホッチキス針173円

長らく100均で買ったホッチキスを使っていましたが、10枚以上の紙を止める必要があった際、買い換えを決意しました。
10枚以上になると、100均のホッチキスでは、かろうじて針が貫通している状態で、止めているとは言い難かったので。

「フラットかるヒット」に付属している針は、No.10。小型の10号が300本です。
針の種類は他に、「Vaimo」と呼ばれるホッチキス専用のNo.11、中型のNo.3、大型の12号シリーズの1210FA-H、大型特殊用途使用針のNo.1などがあります。

いずれ、付属の針を使い切り、新たに買う必要が出てくる気がして、5,000本入りの箱も購入しています。
こちらは、正直言って要らなかったかも。
300本を使い切るのは相当後になりそうですし、さすがに5,000本は多かったなと……。
価格は、5,000本で173円でした。

フラットかるヒットの使用感

ST-010VNH 30-718

100均の使い慣れたホッチキスの後だと、綴じている感触が無さ過ぎて不安になります。
「あれ? 綴じ終わったんだよな?」と思い、止めた箇所を確認してしまうくらい、綴じるのに力が要りません。

紙の束を綴じるときも、従来のホッチキスのように、力む必要が無いんです。
「いつの間にか、ホッチキスは進化していたんだな」と、ちょっと驚きました。

以前は、針を新しく入れると、うまく装填するために、最初の1本を空綴じして、無駄にしていましたが、その必要もありません。

あと、小さい。カードサイズです。

全体的に楽になっているので、頻繁にホッチキスを使う人は、新しいのに変えた方が、作業効率が上がるでしょう。

100均ホッチキスとの比較

ホッチキスの針の比較

かなり前に購入した100均ホッチキスなので、今は もっといいのが売っているかもしれませんが、その点は考慮せずに進めます。

写真は、針と止めた後の比較です。
右下にあるのが、使用したホッチキスになります。

針足が平らになるので、綴じた用紙を重ねて かさばりません。

一見すると、旧来の綴じ方の方が、誤って綴じた紙をバラしやすいように感じます。
ですが、湾曲した針より、真っすぐな針の方が、紙の穴を抜けやすい。個人的には、そう思いました。
湾曲していると、針を抜く際にひっかかり、穴が広がったりするので……。

ちなみに、フラットかるヒットは、コピー用紙で最大32枚綴じられます。
最初に書きましたが、写真の100均ホッチキスは、10枚くらいで限界が見えました。

厚紙に弾かれるホッチキスの針

何度も折りたたんだ紙を綴じ、比較したのが上の写真です。
針が通っているのがフラットかるヒット、貫通しなかったのが100均ホッチキス。

長いこと使ってきた100均ホッチキスなのに、比較材料にして悪い気もしますが、「こんなにも変わったよ」と伝えるために、撮っています。

余談ですが、専用の針があるVaimoだと、80枚までOKだったりします。
とはいえ、80枚綴じモデルの希望小売価格は、税抜き4,400円。
40枚綴じのモデルでも、希望小売価格は税抜き1,200円します。

-購入レビュー
-

Copyright© うつアフィ , 2019 All Rights Reserved.